カーディティーリング(ボディコーティング・クリーニング・カーフィルム・車体防錆施工等の自動車加工)埼玉県比企郡嵐山町川島

株式会社ザップス[ZAPS]

サービス

車体防錆・荷台加工

あなたの愛車は大丈夫ですか?「サビ」は車の大敵です!

写真

愛車はいつまでも快適に乗っていたいもの。
サビには早めの処理が大切です。強い鉄も、一度サビ付くとボロボロになってしまいます。
ZAPSでは「ジーバート」の車体防錆システムを皆様の愛車へ施工を施します。
積極的にサビの発生を防止し独自に開発した防錆剤を使用し、特殊スプレーツールで車体のすみずみまで完璧に処理。
ジーバートだけの防錆システムで、半永久的な効果をお約束いたします。

冷たい北風が吹いてくると、ついつい愛車のお手入れも先延ばしにしてはいませんか?
冬は、紫外線も和らいで、愛車へのダメージが最も少なくなる季節。さらにコーティングしていれば、雨や雪が汚れを流してくれて汚れが目立ちません。
そんな冬の愛車のお手入れで注意すべき点は、ズバリ・・・『サビ』。
スキー旅行など雪道を走ったときの凍結防止剤による塩害に注意する必要があります。雪道を走ったあとのお手入れ方法とサビ防止策を解説します。

サビの急先鋒「凍結防止剤」に要注意!

写真
冬季には凍結防止に散布される塩化カルシウムに因るサビが1~2年後には出てきます。

スタッドレスタイヤの普及とともに、高速道路はもちろん、一般道路でもアイスバーンになりやすい交差点や坂道、急カーブなどで凍結防止剤の利用が急増しています。この凍結防止剤としては、主に水分の吸着性にすぐれた塩化カリウムや塩化ナトリウム(食塩)が利用されています。
しかし、その利用量がふえるにつれ『塩害』がクローズアップされるようになってきたのです。つまり、これらの塩化物が及ぼす植物への悪影響や鉄筋コンクリート構造物(橋など)の腐食促進が大きな問題となっているのです。

車を愛する皆さんにとっても車のサビを加速させる急先鋒・・・「凍結防止剤」に注意を払う必要があります。塩化物により鉄は孔食と呼ばれる局部腐食作用を受けるためサビが激しく進行しやすく、やがては貫通してしまうのです。
最近の車は防錆処理が発達しているとは言え、適切なお手入れは欠かせません。スキー旅行など、雪道走行後は高圧スプレーを利用した下回り洗浄を入念に行うとともに、充分な水でドア内部のレインレールの中に入り込んだ塩化物を洗い流すようにすることが重要です。

サビのメカニズムと防止方法

車の大敵であるサビを防止するにはその発生メカニズムを理解する必要があります。
車のボディーを形成する鉄の原子番号はFe26では26個のマイナス電子をもっていますが、このマイナス電子は原子核の束縛を受けない自由電子であるために簡単に鉄の原子から離脱してしまう性質をもっています。
鉄の表面についた酸素や水にこれらのマイナス電子が奪われ、奪われた鉄の原子は非常に不安定な物資となります。
そして、この不安定は鉄の原子は空気中の酸素や塩化物と反応してサビとなって剥がれ落ちていくことによって鉄の表面から内部に腐食が進行していくのです。
したがってサビの防止方法としては、鉄の原子からマイナス電子を奪われないようにする方法とマイナス電子を奪われてもすぐにマイナス電子を補充する方法があるのです。

写真

ジーバート

アメリカに生まれ、世界で最高の実績と信頼。
車に関して総合的な処理を行うプロフェッショナル!豊かな経験と優れた技術から生まれた高品質な処理システムは、世界中で厚い信頼を得ております。

ジーバートベッドライナー

画期的荷台防錆処理。 エポキシ樹脂を主原料とする特殊な塗膜で床面をガッチリとカバー。 海水や泥水、薬品などから荷台のサビを強力に防ぎます。

ジーバート車体防錆システム

ジーバート作業風景

ジーバート施工事例

このページの先頭へ